頭痛・腰痛などの痛み

1.頭痛・腰痛などの痛みとは

痛みとは、単純に過度の疲労から出現するものから、ご自身では原因を特定できない痛みにまで様々な要因で出現しています。

例えば、、

・草取りを一生懸命頑張ったので腰が痛い

→過度の疲労による痛み

・普段の生活と変わらないのに頭(肩・腰など)が痛い

→原因が自分でははっきりしない痛み

 

痛みは、原因となる部位が過度の緊張状態にあるために出現し、そこを緩めることで様々な場所に現れる痛みの緩和を図ることができます。

 

ココロと身体は繋がっており、ココロの在り方で身体の使い方のクセが出てくるため、そのクセにより身体の特定の部位が疲労し、その疲労が蓄積されて痛みが出現することも多いです。

 

2.なぜ療法にて痛みの

緩和を図れるのか

お身体を診させていただいて、過度に緊張した部位を見極めて緩めることにより、痛みの緩和を図ることができます。

 

身体の特定の部位の凝りや疲労などで、その方の 性格の傾向 や 生活のリズムの傾向 を推測することができます。

その傾向を理解しつつ、手技療法で身体を緩めて脳幹にアプローチをかけながらほぐしていくため、揉み返しなどの好転反応の様な副作用はなく、痛みの緩和を図ることができます。

 

脳にアプローチをかけてほぐしていくため、深いリラックスを体験でき、心身ともにストレスの緩和となります。

 

また、一人一人に合ったご指導をさせていただくため、いちいち何度も当院に足を運んでいただく必要はなく、痛みを出現させにくいお身体へとサポートさせていただきます。